GLOBAL EDUCATION

ー国際理解教育ー

南北格差、紛争、貧困、人権、環境問題、

地球上で起こっている様々な問題は

一見、わたしたちの生活には無関係に捉えられてしまいます。

 

しかし、グローバル化の進展により

国という枠を超えて

人、モノ、情報、すべてが繋がる時代を、

わたしたちは迎えています。

 

私たちの社会やライフスタイルも、

実は、グローバルな問題と深く関係しているのです。

 

"1人1人が様々な問題を理解し、

望ましい地球の在り方を考え、

共に生きることのできる公正な社会づくりに参加する"

 

このゴールを目指して、IVYyouthは国際理解教育活動を行っています。

地球子どもキャンプ


 

年に2回、小学生を対象とした国際理解・環境教育講座として、夏期「ワールドキッズデイキャンプ」・冬期「地球こどもキャンプ」を開催しています。

キャンプにおいては、2011年「自然エネルギー」、2012年「森との共生」、2013年「異常気象」、2014年「食」、2015年「世界の環境問題」といったタイムリーなテーマを選びます。

 

youthメンバーがファシリテーター(進行役)となり、子どもたちが楽しみながら、グローバルな課題を学ぶことができるワークショップを運営していく企画です。


出前ワークショップ


 

IVYyouthは市民、学校を対象とした国際理解ワークショップの出前講座を、IVY・SenTIA(仙台観光国際協会)などと協力して行っています。

 

多様な文化や貧富の格差を知る「世界がもし100人の村だったら」、白熱のゲームを通して世界の貿易構造を考える「貿易ゲーム」などのワークショップや、カンボジアプロジェクトでの経験を生かしたyouthオリジナルのワークショップも実施します。



学習会・イベント




活動のテーマに合わせて様々な学習会を開催しています。外部講師を招いてのワークショップ講座の他にも、youthメンバーによるプレゼンテーションや、自然の中でのトレッキングなどを通して、グローバルな問題に対する目線を醸成します。


仙台での地球フェスタや、日比谷でのグローバルフェスタなどの各種イベントにも出展し、活動広報を行っています。